【スタイルストーリー】プラウド神楽坂マークス

【スタイルストーリー】プラウド神楽坂マークス

■家族3人がゆったりくつろげる広々とした住まい

今回ご紹介するのは、内科医のご主人と専業主婦の奥様、そして大学3年になるご子息というご家族です。
「以前住んでいたマンションはリビングが広いとは言えなかったので、次に引っ越したら家族3人でゆったりとできる大きいリビングが欲しいね、と妻と話していたんです」とご主人。奥様も「個室は息子の部屋と夫婦の寝室だけでいいから、とにかくリビングは広くしたいというのが私たちの夢だったんですよ」と話してくださいました。

リビングダイニングリビングダイニング


■「くつろぎ」と「喜び」のあるリビング・ダイニング
  部屋に落ち着きをもたらす和と洋の調和をイメージしたインテリア

そんなご夫妻からオーダーされた“広々としたリビング・ダイニング”は、基本プランの洋室(3)を開放することで実現しました。ご主人にとってこの大きな部屋は、仕事で疲れた心と体を休める場所。読書をしたりクラシック音楽を聴いたりして、ゆったりと時間を過ごす場所。ときには親子3人でワインを飲んだりもするそうです。

リビング・ダイニング

■家族の笑顔と明日への活力を生み出すキッチン

お料理が大好きで、長い時間キッチンで過ごすという奥様。キッチンについても、「調理スペースを広くしたい」とのご要望があり、天板を拡張しました。この大きな天板は料理がスムーズにできるだけでなくカウンターとしても使えるので、ご主人や息子さんは、遅く帰ってきたときにここで夜食を取るのだそうです。

リビング・ダイニング

■玄関はいちばん最初の「おもてなしの空間」

玄関はお客様をお迎えする場所だし、家族も毎日利用するのだから、気持ちがちょっと明るくなるような演出を加えたいとのリクエストがありました。このお話を受け、季節ごとの装飾やおもてなしの演出ができるよう、靴箱の形状をカウンターに変更しました。また、壁面をファブリックガラスにし、天井を「折り上げ天井」にすることで玄関全体を洗練された雰囲気に仕上げました。

洋室洋室

「玄関はお客様が最初に目にするところ。だから、“ようこそ”という私たちの気持ちが伝わるようにしたかったんです。お洒落なのに温かみがあって、いい感じだと思います」と、納得顔の奥様でした。

江戸の風情が残る閑静な大人の街 神楽坂で新しい生活を始めたご一家。このオーダーメイドマンションが、ご家族にくつろぎの環境と豊かな時間をもたらしてくれることでしょう。

plan

リビング・ダイニング 玄関 キッチン
Basic

3面開口の角住戸。ウォークインクローゼット、
納戸、物入など収納の充実した3LDKプラン。

Order

開放感あふれる約23.4畳の大型リビング・ダイニングが
暮らしにくつろぎをもたらすオーダーメイドプラン。

リビング・ダイニング
リビング・ダイニング

基本プランの洋室(3)を開放し、リビング・ダイニングと一体化。仕切りのない23畳を超える空間が、くつろぎの時間を生み出します。

玄関
玄関

壁面を「ファブリックガラス」に変更。「折り上げ天井」にして、柔らかい光が印象的な玄関に。

キッチン
キッチン

キッチンの天板を拡張して、軽い食事などがとれるカウンターとして使えるようにしました。

 «    | HOME |    
RSS